優良投資顧問を見極めろ!

投資顧問会社といってもピンからキリまであって、当然良いところもあれば詐欺まがいの会社もあります。では優良な投資顧問を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか?優良投資顧問会社の特徴とは?

優良投資顧問を見極めろ!

投資家のニーズを理解している投資顧問会社を選ぶ

投資顧問会社の存在は、投資家にとって大きなウェイトを占めるものの一つです。投資の市場となる国内・海外などの株式市場、円相場、地価などさまざまな側面から必要な情報を判断し、適切な銘柄を選択するための助言を与えてくれる投資顧問は、投資によって利益をもたらそうとするものにとって大きなメリットとなります。これらの投資顧問会社は、顧客に対しての投資助言業を行いますが、それらの内容としては、投資しようとしている銘柄に関する相談、市場動向の分析などがあります。また契約の形態によっては、投資顧問会社の指示によって購入する銘柄や数量、売買の時期などが指定されるということもあります。この関係があり、投資顧問会社の業務の一つとして「投資運用業」、つまり多くの人から金銭を集め、運用し利益を分配するという一つのファンドを形成するということもあります。これらの投資顧問会社は、投資の効率を高めるために役に立つわけですが、その選定の際にはどのようなことを意識すればよいでしょうか。投資の対象となる分野は多岐にわたり、またどれにどれだけ投資を行うことが正解なのか、後から判断することはできてもこれから先のことは誰も正確にはわかりません。その中で誰か購入する銘柄を決定する上で重要な権限を持たせるとしたら、それは顧客のニーズをよく理解し、リスクを背負ってリターンを取りに行くのか、少ないリスクの中で堅実な利益をあげることを目標とするのか、あるいはその両方か、というところについてしっかりと相談できるところ、という言い方ができるでしょう。これらの投資顧問会社を利用することによって、さらに損をする可能性もあるという言い方もできますので、その利用には検討に検討を重ねて、信頼できる会社を選びたいものです。

優良投資顧問は誇大広告やしつこい勧誘をしない

投資顧問は頭を使わなければ利益を出すことが難しいので、自然と知能が高くなっていきます。経験を積み重ねた投資顧問によっては、誇大広告を活用して一度に多くの利益を得たり依頼者が折れるまで勧誘を行ったりします。利益を追求するのであれば、顧客単価を高くして粘り強く営業活動を行ったほうが効率的と言えるからです。ところが、依頼者からあまり歓迎されない手法を好む投資顧問は優良ではありません。依頼者と良い関係を築くことができる投資顧問は、誇大広告もしつこい勧誘も好まない傾向があります。
誇大広告は投資経験が少なかったり極端に焦っている人の心には響きやすいですが、公開し続けることによって問題が発生することを賢い投資顧問は知っています。理由が明確でないにもかかわらず儲けが出る確立を高く保証していると、遅かれ早かれ投資顧問としての資質を疑問視する声が出やすいです。今日では良い悪いを問わずあらゆる情報が絶えず飛び交っているので、少しでも依頼者に疑念を抱かせるような行いをしていれば非難を受ける結果につながります。その情報は瞬く間に広がっていくので、やがて依頼者数が激減する事態に直面する可能性が無きにしもあらずです。
法律に詳しかったり投資顧問の大御所との親交がある依頼者を相手にすれば、しつこい勧誘をしているとしっぺ返しを食らうことを優良投資顧問は心得ています。しつこい勧誘が行われる場合、利用者は退路を断たれていることが多いです。その状況が法律に反していれば、依頼者から法的手段を摂られてしまいかねません。また、同業者の中でも大御所と呼ばれる人物と進行がある依頼者であれば、しつこい勧誘した事実が広まってしまい業界内でのコネクションを失ってしまうこともあり得ます。

信頼できる投資顧問は新鮮な情報を提供してくれる

投資顧問といっても、優秀なところもあれば、適当な情報しか言わないところ、儲けそうな人にはちゃんとした情報を教え、無頓着そうな人にはあることないこと言うところなど、その投資顧問が信頼できるかどうかは実際話を聞いてみなければわかりません。しかし、確実に言えることは、いつも新鮮な情報や確実な情報を提供してくれる投資顧問は信頼できるということです。投資顧問の料金体系は、固定制、従量制などがあります。固定制は毎月支払う顧問料のようなもので、従量制は1回ごとに投資の助言をする際に支払う料金を言います。つまり、この株はどうなんだ、あの株はいいのかと尋ねてもらうたびに料金が支払われるため、顧客からの信頼を得ることはそうした機会を増やすことにつながります。なので、投資顧問にとって大事なことは顧客の利益につながり、その顧客からの信頼を勝ち取ることにあります。もし適当なことばかり言っていれば、当たることもあるでしょうが、たいていは外してしまいますし、この投資顧問は人の金だと思って適当なことしか言わないと思われてしまいます。また、人を選んで情報の選別をすると、そういった態度は必ず相手に伝わるのと、そういった評判はすぐに広まるため、信頼を損ねる危険が高いのです。

大口の顧客だろうと、投資の初心者だろうと、誰であってもしっかりとした情報を提供する投資顧問は信頼を勝ち取りやすく、そのために日々の情報収集、勉強に余念がありません。そうした姿勢があってこそ、新鮮な情報を常に顧客に提供できるのです。速報性が高く、タイムリーな情報をいつも教えてくれれば、毎日のように情報を求められるようになり、相場への観察などの精度を高めていきます。その相乗効果がさらに新鮮な情報となって、顧客に還元されるのです。
仕手株に手を出す前にしっかりと情報収集を
気になる投資顧問の口コミをチェックしよう